SmartNews上でのトラフィックが著しく減少した際のチェックリスト

SmartNewsでのトラフィック(アクセス・ページビュー/PV)が、平常時と比べて著しく減少した際には、SmartFormatファイルにエラーが起こっている、各種変更手続きが行われていない等の原因が考えられます。

なお、SmartNewsで配信される記事は、独自のアルゴリズムで解析することにより決定されます。媒体運営者はSmartNewsにおいて配信、表示を個別に決定することはできません(参考:SmartNewsに記事が表示されるしくみ)。トラフィックの減少についてお問い合わせいただいても、お答えいたしかねます旨、あらかじめご了承ください。

SmartFormatにエラーが生じていませんか

SmartFormatにエラーが生じているかどうか、SmartFormatチェックツールでご確認ください。判定結果に「Invalid」または「Warning」と表示されている場合は、SmartFormatチェックツール上でのエラー文章についてのページをご確認いただき、エラーを解消してください。

記事のURLや日付等を適切に指定していますか

また、SmartFormatチェックツールは、あくまでXMLファイルとしての妥当性や、一部の容量制限など、基本的な項目でのみエラーを検出しております。判定結果が「valid」の場合でも、とくに下記の点にお気をつけください。

  • 記事のURLは適切に指定しましたか:必ずカノニカルURLをご指定ください。HTTP / HTTPS のプロトコル部分が誤っていたり、URL末尾にパラメータが付いていたりなどしていないか、ご確認ください。参考:記事のURLを設定する
  • 記事の日付は適切に指定しましたか:日付の書式が正しいか、極端に古い記事やまだ公開していない記事をSmartFormatに含んでいないかご確認ください。参考:記事の日付を設定する

各種変更手続きは行いましたか

サイトのドメインが変更になったり、SmartFormatのURLが変更になった際には、諸手続きが必要です。また手続きを行っていない場合は、下記ご確認ください。

その他変更については、諸変更にともなう設定・手続きをご参考ください。