SmartFormatとは

SmartFormatとはSmartNewsで記事を配信するための、 専用の記事フォーマット です。
どのようなフォーマットか、以下でご説明いたします。

ファイルの基本

一番簡単な作り方

コードサンプルの一例

__________2019-12-27_16.51.22.png

 上記がSmartFormatの最低限のコードとなります。
部分は必須記述項目です。
部分以外は、記述がなくても記事を表示できます。

記述方法は下記をご参照ください。

 

①RSSのルートノード(コードサンプルの1〜6、32行目)を記述

__________2019-12-27_16.41.47.png

【この部分に、この後説明の②、③を記述します】

__________2019-12-27_16.52.10.png

 

②<channel></channel>内を記述

channel要素とは、すべての記事を格納する大きな枠です。
必須要素以外は省略可能です。

サンプルコード行

要素 必須 説明
8、31 <channel></channel> channel要素を示すタグ
9 <title></title> オリジナルサイト名を記述
10 <link></link> オリジナルサイトURLを記述
11 <description></description> オリジナルサイトの説明文(15字以内を推奨)
12 <pubDate></pubDate> オリジナルサイトの作成日時を記述
例:Wed, 23 Oct 2019 18:00:00 +0900
13 <language></language>   言語(日本語のサイトであればja)を記述
14 <copyright></copyright>   サイト提供者のcopyrightを記述
15 <ttl></ttl>   このリソースが新規に更新されるまでのおおよその期間(単位は分、1〜5程度を推奨)
16 <snf:logo><url></url></snf:logo>   記事の上部に表示されるサイトロゴURLを記述

 

③<item></item>内を記述

item要素とは、記事の枠です。1記事ごとに、<item>タグで包みます。
item要素はひとつのSmartFormat内にいくつでも設置できます(容量がオーバーにならないようご留意ください)。
必須要素以外は省略可能です。

サンプルコード行

要素 必須 説明
18、29 <item></item> item(記事)要素を示すタグ
19 <title></title> 記事のタイトルを記述
20 <link></link> オリジナルサイトの記事URLを記述
21 <description></description> オリジナルサイトの記事作成日時を記述
例:Wed, 23 Oct 2019 18:17:01 +0900
22 <content:encoded></content:encoded> オリジナルサイトの記事本文を記述
28 <media:thumbnailurl="" />   サムネイルとして表示したい画像URLを記述

 

④作成後、チェックツールで確認

http://validator.engine.smartnews.be/

プレビュータブで、アプリ上の表示を擬似確認できます。

__________2019-12-23_14.01.36.png

 

⑤コードのNG例

  • 必須タグが全て記述されていない
    必須に印のあるコードは、必ずすべて記述してください。
  • タグの中に何も記述されていない
    例)
 <ttl>1</ttl> OK
<ttl></ttl>   NG

 

⑥疑問点はここで解消

よくある質問

申請する

もっと掲出率をあげたい場合はこちらをご覧ください。

Tips
  • 使用できるHTMLタグ
  • ファイルの容量 全体で1MB以内
  • 動画も配信可能
  • JavaScriptは使用不可
  • SNSの埋め込みスクリプトは公式の埋め込みコードであれば使用可能