SmartNews Awards 2019 受賞媒体を発表!(2020/12/17)

2019年12月17日(火)、「SmartNews Awards 2019」受賞媒体を発表いたしました!

SmartNews Awards とは?

SmartNews Awardsは、良質なコンテンツの担い手である媒体の活動を顕彰し、メディア業界活性化の一助とすべく2015年に当社が創設しました。この1年間、新しい施策に果敢に取り組み、多くの人々が知るべき重要なニュース、独自の視点で取材したユニークな記事の提供により、ユーザーからの支持を得た媒体を表彰しています。

大賞は「文春オンライン」! ベストパートナー賞にも注目

大賞は、この1年、SmartNews上で著しい成長を見せるとともに、SmartNewsの価値観でもある多様性という面においても、幅広い情報をユーザーに発信した媒体に贈ります。

受賞媒体
文春オンライン(株式会社文藝春秋)

授賞理由:
雑誌の持つブランドイメージを活かしつつも、巧みなデジタル戦略により「文春オンライン」としての新たなブランドを確立した。SmartNews上でも圧倒的な成長を見せ、チャンネルプラスを通じて多数のファンを新たに獲得。スクープにとどまらず幅広い話題でユーザーのニーズに応える記事を発信し、伝統的印刷メディアの、デジタル展開における新たな可能性を示す象徴的存在となった。

ベストパートナー賞は、この1年、様々な領域ごとに、独自性や新規性のある取り組みを積極的に行うことで、ユーザーから多くの支持を集めた媒体に贈ります。

ベストパートナー賞8部門19媒体の詳細は、SmartNews Awards 2019 特設サイトをご覧ください。

SmartNewsAwards 2019 特設サイト

今回で5度目となるSmartNews Awardsでは、おかげさまでより多くの媒体社様とのお取り組みが増えたことを踏まえ、コンテンツの多様性に応じて部門を拡充しました。当社は今後も、良質な情報を提供する媒体社の活動を支援し、必要な人へ情報を届けるべく、より一層メディアパートナー各社との協力体制を深めていく所存です。


メディアのデジタル戦略に役立つ情報も

本アワード特設サイトでは、受賞媒体の一覧ほか、大賞「文春オンライン」の竹田直弘編集長にデジタル戦略を直接聞いたインタビュー記事や、今年話題となったトピックがSmartNewsでどのように読まれたかを分析したレポートなど、媒体関係者様のデジタル施策に役立つような情報も多数掲載しております。

・トピック分析レポート記事例:

・「令和への改元」はどう書かれ、どう読まれたか
・タピオカの記事はいつ読まれる? 時間は? 曜日は? 年齢層は? 調べてみました 等

 

・プレスリリース:
https://about.smartnews.com/ja/2019/12/17/20191217/


本企画を統括する当社ヴァイス・プレジデント メディア事業企画担当の佐々木大輔より皆様へ

まずなによりも、選出された20媒体、およびSmartNewsにコンテンツを預けてくださっている3,000を超える媒体の関係者のみなさまにお礼申し上げたいと思います。世界中の良質な情報を必要な人に送り届けるというミッションに邁進するなかで、引き続き、媒体社様のコンテンツ流通やビジネスモデルへの貢献を果たしていきたいと思っております。

---

今後とも、スマートニュースは、皆さまとのお取り組みをさらに発展し、より貢献できる取り組みを進めて参ります。引き続きお力添えをいただけるとありがたく存じます。