以下のチェックリストを読み、修正事項がないかご確認ください。確認後は、末尾のSmartFormat登録フォームから登録してください。

SmartFormatの形式を確認する

  • SmartFormat向けに新たにファイルを作成したか
    • SmartFormatには、SmartNews独自の仕様に準じているか
    • 汎用のRSS/Atomを拡張した場合、他リーダーで動かなくなる恐れがあります

コンテンツポリシーに反していないか確認する

  • SmartFormat内にコンテンツポリシーに反する記事を含んでいないか
    • 例:公序良俗に反する記事、PR記事(記事広告・スポンサード記事)、二次配信記事等
  • リンクの扱いは適切か
    • 例:「こちらの記事もどうぞ」「関連記事はこちら」など、関連記事への誘導
      • 関連記事レコメンドシステムを提供しておりますので、お控えください
    • 例:「メルマガ登録はこちら」など、自社サービスへの導線
      • <snf:sponsoredLink>で記事広告(自社広告)枠をご利用ください
    • 例:「商品はこちら」など、特定サービスへの導線(アフィリエイトリンク等)
      • お控えください
    • 例:「画像をもっと見る」「続きを読む」などのリンク
      • 配信フィード中の各記事には、その記事を構成する全ての文章・画像・動画を含み、コンテンツとして単体で完結するようお願いいたします

SmartFormatチェックツールで記事をプレビューする

SmartFormatチェックツール

validator_preview_button

  • 全文(テキスト・画像を含む)を出力しているか
    • オリジナルサイトのページネーション前で記事が途切れていないか
    • 画像は本文中に含まれているか
  • <channel.title> は適切か
    • サイト説明文を併記していないか
  • <channel.link> は適切か
    • 複数設定したり、SmartFormatのURLを設定したりしていないか
  • 記事の公開時間は適切か
    • <pubDate>もしくは<updated>に設定した日付は適切か
    • オリジナル記事の公開時間との大幅な乖離はないか
    • SmartNewsは「今、最も注目されている記事」を判断するため、記事の新規性と話題性等を観測しています。そのため、オリジナル記事の公開時間と、SmartFormatに記事を配信する時間は、なるべく差異を小さくすることを推奨しています
  • ロゴ <snf:logo> の仕様書推奨形式を確認したか

SmartFormatチェックツールでソースの確認を行う

SmartFormatチェックツール

  • エスケープ漏れは起こり得ないか
    • CDATA セクションの使い方は適切か
    • CDATA セクション内で、禁則文字のエスケープをしていないか
    • CDATA セクションを用いない場合、正常にエスケープできているか
  • item > link に設定する記事URLは適切か
    • カノニカルURLが指定されているか
  • category は適切に設定されているか
    • 特定の固有名詞だけでなく、関連する一般的な単語(ジャンル・地名等)と併せて記述しているか
    • 複数設定する場合、半角カンマ区切りになっていることを確認したか
      • 例:<category>国際,アメリカ,大統領選</category>
      • 例:<category>グルメ,外食,ラーメン,北海道,根室市</category>
  • <snf:analytics> の設定は正常に行われているか
    • スクリプトエラーはないか
    • 計測用のスクリプトは一つまでご利用が可能です
  • <snf:sponsoredLink> の成果を測りたい場合、計測用パラメーターは付いているか
    • <snf:sponsoredLink>経由のクリック数を計測したい場合、 <link> に設定する記事URL末尾にクエリーを付与する等の対応を推奨しています
    • スマートニュースからリファラーは発生しません