← SmartFormat 仕様書に戻る

rss

RSSのバージョンならびに使用するnamespaceなどを定義します。

<rss version="2.0"
     xmlns:content="http://purl.org/rss/1.0/modules/content/"
     xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/"
     xmlns:media="http://search.yahoo.com/mrss/"
     xmlns:snf="http://www.smartnews.be/snf">
(...中略...)
</rss>

channel

記事を提供されるサイトについて、各種情報を定義します。

要素 必須 説明 用例
title サイトのタイトル名 スマートタイムス
link サイトの URL http://times.smartnews.co.jp/
description サイトの説明文(15字以内を推奨) スマートなニュースをすべての人へ
pubDate 当該リソースが作成された日時 Fri, 16 May 2014 06:00:00 GMT
language 当該リソースに記述されている主たる言語 ja
copyright 当該リソース提供者の copyright © SmartNews, Inc.
ttl このリソースが新規に更新されるまでのおおよその期間(単位は分、1〜5程度を推奨) 1
snf:logo サイトを象徴するロゴ画像 <url>http://times.smartnews.co.jp/snlogo.png</url>
item 記事情報 (後述)

channel.title

<title>スマートタイムス</title>

ChannelView面(記事一覧画面)に表示される、サイト名を指定します。 channel.title

channel.pubDate

<pubDate>Fri, 16 May 2014 06:00:00 GMT</pubDate>

XMLファイルが作成された日時を指定します。

日付の書式について

日付は、EEE, dd MMM yyyy HH:mm:ss z の形式に則って記述していただく必要があります。

タイムゾーンについて

タイムゾーンについては、以下の2通りのうちいずれかの方法で指定をしてください。

  • グリニッジ標準時(GMT もしくは +0000)
  • サイト運営者の属するタイムゾーン(日本であれば JST もしくは +0900)

たとえば、「2014年5月16日 15時00分00秒(日本時間)」を表す場合、以下は正しい表記になります。

  • Fri, 16 May 2014 06:00:00 GMT
  • Fri, 16 May 2014 15:00:00 +0900

以下は誤りになります。(日本時間ではGMT+9時間で 「2014年5月17日 00時00分00秒」を表すことになります)

  • Fri, 16 May 2014 15:00:00 GMT
<snf:logo>
    <url>http://times.smartnews.co.jp/snlogo.png</url>
</snf:logo>

SmartView面上部に固定表示するサイトのロゴ画像を指定します。

channel.snflogo_channel.link

  • 「横700px以下 x 縦およそ100px」のアルファ付きPNGファイルを推奨しています。
  • デザインについては以下例をご参照ください。

  • 明るい色、暗い色を含むいくつかの背景で、ロゴがなめらかに見えるか確認してください。

item

サイトが提供する記事の情報を定義します。

要素 必須 説明
title 記事のタイトル
link 記事の URL
guid 記事リソースを一意に特定する任意の文字列
description 記事の概要文
pubDate 記事の公開日(フォーマットは RFC822 に定められたものする)
content:encoded 記事本文(全文が必須)
category 記事を代表、もしくは象徴する任意のキーワード
dc:creator 記事の作成者
dc:language 記事に使用されている主たる言語(channel.languageと異なる場合、特に指定が必要な場合に指定)
media:thumbnail 記事を代表するサムネイル画像の URL (200☓200px以上必須, 400px以上推奨。短辺が 95px 以下の場合、記事一覧画面に表示されない。)
snf:video 埋め込み動画を指定
media:status 記事のステータス(有効の場合は active、削除済みの場合は deleted を指定)
snf:advertisement SmartView 内に掲出する広告に関する情報(後述)
snf:analytics SmartView 上の解析ツールに関連する情報(後述)

item.title

<title>
  <![CDATA[渋谷区桜丘エリアの再開発計画が決定]]>
</title>

記事一覧画面およびSmartView面に表示される記事のタイトルを指定します。

  • タイトルを CDATA で囲った際の二重エスケープにご注意ください。
<link>http://times.smartnews.co.jp/2014/06/16/sakuragaoka</link>

オリジナル記事のURLを指定します。 ここで指定されたURLは「オリジナルサイトで読む」の遷移先になります。

また、ここで指定されたURLは弊社アルゴリズムによる記事のスコアリングに使用されます。

item.link

  • 記事の「カノニカルURL」をご指定ください。    * カノニカルURLとは、記事のWebページのHTMLにおいて、 <link rel="canonical" href="xxxxxxxxxxx" > というタグで指定されている、記事を一意に表すURLになります。多くの場合PC版のURLですが、システムの都合上、調整が必要な場合あります。
  • 記事のURLはパラメータが付いていないURLを記述してください。
  • 記事がリダイレクトする場合、リダイレクト後の記事URLを記述してください。

item.pubDate

<pubDate>Fri, 16 May 2014 06:00:00 GMT</pubDate>

記事の公開日を指定します。 記事の公開日が古い(2週間より以前)場合、クロールされない場合があります。

  • 記事内容を更新した場合、 item.pubDate を1秒でも変更することで、直ちに弊社クローラに更新を伝えることができます。

日付の書式について

日付は、EEE, dd MMM yyyy HH:mm:ss z の形式に則って記述していただく必要があります。

タイムゾーンについて

タイムゾーンについては、以下の2通りのうちいずれかの方法で指定してください。

  • グリニッジ標準時(GMT もしくは +0000)
  • サイト運営者の属するタイムゾーン(日本であれば JST もしくは +0900)

たとえば、「2014年5月16日 15時00分00秒(日本時間)」を表す場合、以下は正しい表記になります。

  • Fri, 16 May 2014 06:00:00 GMT
  • Fri, 16 May 2014 15:00:00 +0900

以下は誤りになります。(日本時間ではGMT+9時間で 「2014年5月17日 00時00分00秒」を表すことになります)

  • Fri, 16 May 2014 15:00:00 GMT

item.content:encoded

<content:encoded>
  <![CDATA[
      <p>渋谷駅桜丘口地区再開発準備組合と東急不動産株式会社は、2014年6月16日、渋谷区の市街地再開発等の都市開発計画が東京都により決定されたと発表した。</p>
      <p>この都市計画は、2013年12月19日より東京都知事に対して提案されていたもので、渋谷駅中心地区の都市基盤整備を完成させる重要なプロジェクトとなっている。</p>
      <p>今後、周辺再開発と連携した縦動線アーバン・コア、歩行者デッキ、ネットワークの整備を行うほか、街区再編と併せた都市計画道路の整備および地下車路ネットワーク等の整備により、利便性・安全性の向上を図っていくとのこと。</p>
      <figure>
          <img src="img.png">
          <figcaption>完成イメージ</figcaption>
      </figure>
  ]]>
</content:encoded>

記事の本文を指定します。

  • オリジナル記事にページネーションがある際、 content:encoded 内には記事全文を記述してください。
  • 本文内の画像は弊社のCacheサーバーを通してデバイス向けに最適化されて配信されます。

使用できるHTMLタグ

a, abbr, acronym, address, article, aside, b, base, basefont, bdi, bdo, bgsound, big, blink, blockquote, body, br, caption, center, cite, code, col, colgroup, command, data, datalist, dd, del, details, dfn, dir, div, dl, dt, em, fieldset, figcaption, figure, font, footer, form, h1, h2, h3, h4, h5, h6, header, hgroup, hr, html, i, img, ins, kbd, label, legend, li, listing, main, mark, marquee, menu, meter, nav, nobr, ol, p, plaintext, pre, q, rb, rp, rt, ruby, s, samp, section, small, spacer, span, strike, strong, sub, summary, sup, table, tbody, td, tfoot, th, thead, time, tr, tt, u, ul, var, wbr, xmp

本文内での JavaScript について

JavaScriptは使用できません。

本文内への動画の埋め込みについて

現在、YouTube, Vimeo, Brightcove の埋め込みタグおよび弊社指定タグのみ使用可能です。

動画コンテンツの直接入稿について

動画コンテンツのURLをフィードで指定する場合は、後述の弊社独自のタグ <snf:video> をご利用ください。 また、フィードではなく直接動画を入稿したい場合、CMSによるブラウザからの入稿も可能ですので、弊社担当者にご相談ください。

<snf:video> あるいはCMSにより入稿された動画は、SmartNewsの動画プレイヤーにより再生されます。 再生方式は下記の2種類です。

  1. SmartView面上部にプレイヤー表示され、自動再生 ( <snf:video>項目参照 )
  2. 記事一覧画面から記事をタップすると、全画面での自動再生

デフォルトでは1番目の方式で再生されます。2番目の再生方式をご希望の場合は弊社担当者までご連絡ください。

Youtube, Vimeo, Brightcoveの動画について

記事本文に動画サイトから取得した共有用 <iframe> タグを貼り付けてください。

item.category

<category>iphone,technology</category>

記事を代表する任意のキーワード群を指定します。

  • 弊社アルゴリズムにおいてカテゴリー分類の参考に使用されます。
  • Category を複数設定する場合は、半角カンマ区切りで記述してください。
  • 日本語、英語いずれも使用可能です。

item.dc:creator

<dc:creator>パートナーリレーション担当事務局</dc:creator>

記事の作成者を指定します。 SmartView内の、記事タイトルの下に表示されます。

item.dccreator

item.media:thumbnail

<media:thumbnail url="http://times.smartnews.co.jp/2014/06/16/sakuragaoka/img.png" />

記事一覧画面に表示されるサムネイル画像を指定します。

  • <media:thumbnail> が指定されていない場合は、サムネイル画像の表示は行われません。
  • 画像サイズが一定値以下の場合もサムネイル画像の表示は行われません。400px以上の画像の設定を推奨しています。
  • サムネイル画像は弊社のCacheサーバーを通してデバイス向けに最適化されて配信されます。
  • サムネイル画像に媒体ロゴを指定することはお控えください。

item.snf:video

<snf:video url="http://www.foo.com/bar.mp4" caption="foo video" />

SmartNewsの動画プレイヤーにより再生される埋め込み動画を指定します。

記事一覧画面に再生マーク付きサムネイル、およびSmartView面上部にプレイヤー表示されます。

item.snfvideo

  • 指定できる動画の仕様は下記の通りです。
    • ファイルサイズ: 600MB
    • 長さ: 最長5分(推奨90秒以内)
    • 動画コーデック: h.264
    • 音声コーデック: aac
    • ビットレート: 1Mbps
    • ファイル形式: mp4
  • URLで指定された動画は弊社サーバにキャッシュされて配信されます。そのため、指定URLにユーザからのアクセスが集中することはありません。

item.media:status

<media:status>active</media:status>

記事の公開状況を指定します。

  • 弊社サーバの記事保持期間(2週間)以内の記事の削除を希望される場合は、
    記事自体を削除するのではなくmedia:statusdeleted の値をご指定ください。
  • また、 item.pubDate を1秒でも更新すると、直ちに変更が反映されます。

item.snf:advertisement

<snf:advertisement>
  <snf:sponsoredLink link="http://times.smartnews.com/sponsored/article1.html" thumbnail="http://times.smartnews.com/sponsored/image1.jpg" title="桜丘に新スイーツ店が誕生!" advertiser="桜丘スイーツ"/>
  <snf:sponsoredLink link="http://times.smartnews.com/sponsored/article2.html" thumbnail="http://times.smartnews.com/sponsored/image2.jpg" title="sponsored link 2" advertiser="Example Company"/>
  <snf:adcontent id="51290410"><![CDATA[
    <script src="http://ad.smartnews.co.jp/m/51290410" />
  ]]></snf:adcontent>
</snf:advertisement>

当該 item 記事内に表示する広告情報を定義します。

要素 必須 説明 用例
snf:sponsoredLink 記事広告
snf:adcontent 広告タグ <script src="http://ad.smartnews.co.jp/m/51290410" />
  • 1つの item 当たり、1つの snf:advertisement を指定可能です。
  • snf:sponsoredLink による広告を2枠まで、snf:adcontent による広告を1枠まで表示することが可能です。
<snf:sponsoredLink link="http://times.smartnews.com/sponsored/article1.html"
                   thumbnail="http://times.smartnews.com/sponsored/image1.jpg"
                   title="sponsored link 1"
                   advertiser="Example Company"/>

SmartView面本文下部に付与する記事広告等を指定します。

sponsoredLink

  • advertiser 要素への広告主体社名の明記が必須要件となります。
    • スポンサードコンテンツ(記事広告)の場合、広告料金を払う事業主名をご記述ください。
    • 自社広告の場合、自社名をご記述ください。
  • 1つの snf:advertisement に 2つまでの snf:sponsoredLink を指定可能です。
  • link に設定する記事の URL は、基本的に自社ドメインに限ります。
  • 弊社側では計測のサポートをしておりません。計測用のパラメータをURL末尾に付与する等、媒体社様側でのご対応をお願します。
属性 必須 説明 用例
link スポンサードリンクの URL http://times.smartnews.com/sponsored/article1.html
title スポンサードリンクの記事タイトル 桜丘に新スイーツ店が誕生!
thumbnail 記事を代表するサムネイル画像(アスペクト比 4:3 、320 x 240 px を推奨) http://times.smartnews.com/sponsored/image1.jpg
advertiser スポンサードリンクの広告主名 桜丘スイーツ

snf:adcontent

<snf:adcontent id="51290410">
  <![CDATA[
      <script src="http://ad.smartnews.co.jp/m/51290410" />
  ]]>
</snf:adcontent>

SmartView面最下部のレクタングル広告枠を指定します。

adcontent

  • 1つの snf:advertisement に 1つの snf:adcontent を指定可能です。
    • id は媒体運営者識別用の値であり、設定は任意です。設定せずとも、記事配信にあたり問題はありません。
  • 表示可能な最大広告サイズは、300 x 250 px(レクタングルバナーサイズ)までです。
  • CDATAセクションで囲み、任意のスクリプトを実行できます。
  • 弊社側ではスクリプトのサポートを行なっていません。
  • 2019年4月1日より、この要素は廃止されます。

item.snf:analytics

<snf:analytics><![CDATA[
  <script>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
(i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
})(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

ga('create', 'UA-xxx-2', 'examplecom');
ga('require', 'displayfeatures');
ga('set', 'referrer', 'http://www.smartnews.com/');
ga('send', 'pageview', '/260984/upsee/');
  </script>
  ]]>
</snf:analytics>

SmartView 上で動作する解析コードを指定します。

  • JavaScriptで動く計測コードを1つまで使用可能です。
  • 弊社側から解析用コードの提供および解析スクリプトのサポートは行っていません。

サンプル(RSS2.0準拠)

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<rss version="2.0" xmlns:content="http://purl.org/rss/1.0/modules/content/" xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/" xmlns:media="http://search.yahoo.com/mrss/" xmlns:snf="http://www.smartnews.be/snf">
  <channel>
    <title>スマートタイムス</title>
    <link>http://times.smartnews.co.jp/</link>
    <description>スマートなニュースをすべての人へ</description>
    <pubDate>Fri, 16 May 2014 06:00:00 GMT</pubDate>
    <language>ja</language>
    <copyright>(c) SmartNews, Inc.</copyright>
    <ttl>1</ttl>
    <snf:logo><url>http://times.smartnews.co.jp/snlogo.png</url></snf:logo>
    <item>
        <title>渋谷区桜丘エリアの再開発計画が決定</title>
        <link>http://times.smartnews.co.jp/2014/06/16/sakuragaoka</link>
        <guid>http://times.smartnews.co.jp/2014/06/16/sakuragaoka</guid>
        <description><![CDATA[
      渋谷駅桜丘口地区再開発準備組合と東急不動産株式会社は、2014年6月16日、渋谷区の市街地再開発等の都市開発計画が東京都により決定されたと発表した。
        ]]></description>
        <pubDate>Fri, 16 May 2014 06:00:00 GMT</pubDate>
        <content:encoded><![CDATA[
      <p>渋谷駅桜丘口地区再開発準備組合と東急不動産株式会社は、2014年6月16日、渋谷区の市街地再開発等の都市開発計画が東京都により決定されたと発表した。</p>
      <p>この都市計画は、2013年12月19日より東京都知事に対して提案されていたもので、渋谷駅中心地区の都市基盤整備を完成させる重要なプロジェクトとなっている。</p>
      <p>今後、周辺再開発と連携した縦動線アーバン・コア、歩行者デッキ、ネットワークの整備を行うほか、街区再編と併せた都市計画道路の整備および地下車路ネットワーク等の整備により、利便性・安全性の向上を図っていくとのこと。</p>
      <figure>
          <img src="img.png">
          <figcaption>完成イメージ</figcaption>
      </figure>
        ]]></content:encoded>
        <category>iphone,technology</category>
        <dc:creator>須磨戸 太郎</dc:creator>
        <dc:language>ja</dc:language>
        <media:thumbnail url="http://times.smartnews.co.jp/2014/06/16/sakuragaoka/img.png" />
      <snf:advertisement>
        <snf:sponsoredLink link="http://times.smartnews.com/sponsored/article1.html" thumbnail="http://times.smartnews.com/sponsored/image1.jpg" title="桜丘に新スイーツ店が誕生!" advertiser="桜丘スイーツ"/>
        <snf:sponsoredLink link="http://times.smartnews.com/sponsored/article2.html" thumbnail="http://times.smartnews.com/sponsored/image2.jpg" title="sponsored link 2" advertiser="Example Company"/>
        <snf:adcontent id="51290410"><![CDATA[
        <script src="http://ad.smartnews.co.jp/m/51290410" />
        ]]></snf:adcontent>
      </snf:advertisement>
      <snf:analytics><![CDATA[
        <script>
      (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
      (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
      m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
      })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

      ga('create', 'UA-xxx-2', 'examplecom');
      ga('require', 'displayfeatures');
      ga('set', 'referrer', 'http://www.smartnews.com/');
      ga('send', 'pageview', '/260984/upsee/');
        </script>
        ]]>
      </snf:analytics>
    </item>
    <item>
      ...
    </item>
    <item>
      ...
    </item>
</channel>
</rss>