外部サービスの計測コードを設置する

SmartView上でのトラフィックを計測するために、GoogleAnalytics / Google Tag Manager や comScore など、外部サービスの計測用コードを設置することが可能です。

  • 設置方法:RSS2.0準拠の場合は item.snf:analytics 、Atom準拠の場合は entry.snf:analytics で指定します。各仕様書中にサンプルコードがあります。ご参考ください。
  • 個数制限:JavaScriptで動く計測コードを、1つまで使用可能です。
  • サポート:弊社による計測用コードの提供、計測コードのサポートは行っておりません。具体的な実装方法、計測不備トラブルについてお問い合わせいただいても、お答えいたしかねます。
  • リファラ:ご指定内容に準じます。指定が無い場合、「smartnews」となります。SmartNewsからのリファラ一覧も併せてご参考ください。

SmartNews Insights と、外部サービス計測ツール上での数値の差について

SmartNews Insights で表示されるSmartView数と、各外部サービス上で表示されるページビューやセッションとでは、測定方法や定義が異なります。そのため、数値に乖離が生じます旨、あらかじめご了承ください。いずれも異なる指標としてご参考いただけますと幸いです。